4号戦車のプラモデルを作ろう!

第二次大戦初期から終戦までドイツ陸軍を支え続けた名戦車「4号戦車」。最近ではアニメ「ガールズ&パンツァー」の人気もあり、ミリタリーファン以外にも知名度が上がってきました。「鋼鉄の軍馬」の愛称でも親しまれたこの戦車を、是非あなたの手で組み立ててみませんか?ここでは、各スケール・各社ごとにおすすめポイントを交えながら4号戦車のプラモデルをご紹介したいと思います。

プラモデル塗装方法について

タミヤ1/354号戦車J型

日本が世界に誇るプラモデルメーカー・タミヤのミリタリーミニチュアシリーズからは大戦初期の短砲身であるD型、大戦後期の長砲身であるJ型・H型が発売されています。ここでは大戦後期に運用されたJ型をご紹介します。

タミヤのキットの最大の特徴は「組み立てやすさ」にあります。ポイントを抑えた造形をしつつも部品点数は多くないので、時間が取れない社会人の方やこれから戦車模型を始めてみようという方には最適のキットです。例えば戦車の大きな特徴であるキャタピラはゴム製で一体成型されており、転輪に巻き付けるだけで組み立てが完了します。

タミヤのキットをベースとして細かい部分を更にディテールアップするもよし、塗装に拘ってみるもよし、また上級者の方はジオラマを作成するもよしと初心者の方から上級者の方まで幅広く楽しめるキットです。国内メーカーのキットであるため安定して流通しており、入手しやすい点も大きなポイントといえるでしょう。

また、「スペシャルエディション」として発売されているキットには細部をより精密に仕上げるための金属パーツや、吸着地雷を避けるために施された凹凸である「ツィンメリットコーティング」を再現するためのシートも同梱されており、自分の腕前と相談しながらワンランク上の工作に挑戦することもできます。

ドラゴン1/354号戦車D型

香港の模型メーカー、ドラゴンからも多くのキットが発売されています。ドラゴンは非常に多くの4号戦車のキットを発売しており最初期に生産されたA型から上記のタミヤと同じように短砲身のD型、また最終生産型であるH型まで多くのバリエーションを楽しむことができます。

また、4号戦車をベースとして開発された4号突撃砲や4号駆逐戦車など派生型も多くラインナップされており、「並べて楽しむ」模型ならではの楽しみ方をすることができます。多くの派生型があるドラゴンのキットですが、ここでは大戦初期のD型をご紹介します。

ドラゴンは実写の細部まで再現されているのが大きな特徴で、例えば転輪には肉眼でギリギリ判別できるほどの大きさで転輪メーカーのロゴが彫刻されているなどキットを組み立てるだけでまるで実車をそのまま1/35に縮小したような精密な4号戦車を手に入れることができます。

実車の再現が如実に表れているのがキャタピラの部分であり、実車同様1コマ1コマ繋げていくキャタピラはまるで実際の戦車を組み立てている気分を味わえます。細かい部品が多く、組み立ての難易度は決して低くないためややプラモデルに慣れた方向けのキットとなりますが、完成した時の感動はひとしおなので挑戦し甲斐のあるキットであることは間違いありません。

また、海外のキットの特徴として一度発売されると再度生産・販売がされるタイミングが不確かなのでこのキットだけではなく気になるものを見かけたら確保することをお勧めします。また、ドラゴンからは非常に多くの1/35シリーズの兵隊フィギュアが発売されており、人形や戦車を並べてジオラマを作るといったワンランク上の楽しみ方をすることもできます。

世界のプラモデルメーカー

タミヤ1/484号戦車J型

タミヤからは、1/35より一回り小さい1/48スケールでも4号戦車が発売されています。タミヤのキットの特徴である「低価格かつ組みやすい」をそのまま踏襲しており、1/35と同じくこれから戦車模型を始めようという方にピッタリのキットといえます。

1/35スケールより小さいながら細部が疎かになっているということは決してなく、キャタピラは一部一体成型の組み立て型となっており、プラスチックならではのカッチリとした造形が楽しめることやダイキャストシャーシによる重量感など1/48ならではの魅力も詰まっています。

また、タミヤは1/48フィギュアも精力的に発売しており、1/35と同じくフィギュアを並べて戦場のワンシーンを再現する楽しみ方もできます。

フジミ1/764号戦車J型

ここでは上に挙げた二つの1/35スケール・1/48スケールより小さい1/76スケールの4号戦車を紹介します。国内のフジミ1/76シリーズからは長砲身のH型が発売されています。

このキットの特徴はなんといってもその小ささです。小さいゆえに細部も適度な省略が行われており、部品点数も少ないので組み立てを始めてからあっという間に4号戦車の形が出来上がります。また、小さい分値段も安価なため、その組み立てやすさとあわせて何台も揃えて進撃中のジオラマをつくってみたり、建物を配置して映画のワンシーンのようなジオラマを作ってみたりと、イマジネーションのままに4号戦車を楽しむことができます。

トランペッター1/164号戦車J型

中国の模型メーカー、トランペッターからは大型の1/16スケール4号戦車J型が発売されています。車内のエンジンやシート、砲弾の一発一発まで完全再現されたフルインテリア仕様であるこのキットはまさしく4号戦車の最高峰といっても過言ではありません。

30cmを優に超える車体の部品は、完成後には大迫力の姿となります。また、インテリアも丁寧に再現されており、しっかりと組み立てて塗装をし、汚しを加えればまるで本物のような4号戦車を机の上に再現することができます。

車内まで再現されていることを活かし、車内が見えるようなディスプレイ方法を考えてみたり、敵の砲弾を受けて撃破されたシーンをジオラマにするなど組み立てるだけではなく幅広い楽しみ方が出来るでしょう。パーツ数は2000個オーバーと非常に多く、また細かい部品も多いので上級者向けのキットとなっていますが、是非一度は挑戦したいキットであることに間違いありません。

決して模型としては安価ではありませんが、欲しいと思った時にいつでも手に入るわけではない海外キットであることやその完成度を考えると是非とも手元に置いておきたくなる一品といえます。